トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年7月30日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年7月30日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

特定技能ビザの取得や変更には必要書類がたくさんありますが、日本で取得する証明書を除いてほぼすべての書類に母国語を併記しなければなりません。

建設業の場合は、受け入れ計画認定の申請にも母国語併記した書類を出します。

うちの事務所はベトナム人が多いのでベトナム語併記の参考文例を載せておきます。

雇用契約に係る重要事項事前説明書

H??ng d?n tr??c v? cac v?n ?? quan tr?ng lien quan ??n h?p ??ng lao ??ng

建設特定技能受入計画を申請予定である(特定技能所属機関名)○○株式会社は、雇用契約に係る重要事項について、下記内容を事前に説明し、内容を理解させたうえで国土交通省へ申請する。

K? ho?ch ch?p nh?n k? n?ng xay d?ng d? ki?n s? ???c ap d?ng cho (ten c?a t? ch?c thu?c cac k? n?ng quy ??nh) ○ ○ cong ty s? ap d?ng cho b? ??t ?ai, c? s? h? t?ng, giao thong va du l?ch sau khi gi?i thich cac v?n ?? quan tr?ng sau ?ay lien quan ??n h?p ??ng lao ??ng tr??c va lam cho h? hi?u ???c n?i dung.

?は文字化けした所です。

実際の書類はきちんと表示されています。

特定技能ビザは母国語対応もできないと申請難しいです。

当事務所は行政書士事務所なのですが、必然的に外国語の日本語訳もやっています。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中