トップページ > 技能実習ビザ

技能実習ビザ

技能実習ビザについて

技能実習制度は、我が国で開発され培われた技能、技術又は知識の開発途上国等への移転を図り、その開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを 目的とする制度であり、これまでは「出入国管理及び難民認定法」(昭和 26 年政令第 319 号。以下「入管法」という。)とその省令を根拠法令として実施されてきました。 今般、技能実習制度の見直しに伴い、新たに技能実習法とその関連法令が制定さ れ、これまで入管法令で規定されていた多くの部分が、この技能実習法令で規定され ることになりました。 ただし、制度の趣旨はこれまでと変わりがなく、その趣旨をより徹底するために、基本 理念として「技能実習は、労働力の需給の調整の手段として行われてはならない」(法 第3条第2項)と明記されています。

技術・人文知識・国際業務ビザは基本的には大学や大学院、専門学校を卒業した外国人が卒業した学科に関連する仕事につく場合に取得できるビザです。

例えば文系では大学で人文学部だった場合には、人文知識・国際業務に関連する仕事につけます。具体的には翻訳業などです。

理系では理工学部の電気学科だった場合には、技術に関連する仕事につけます。具体的にはエンジニアとかです。

会社と外国人の間に雇用契約があること

技術・人文知識・国際業務ビザを取得するには就職する会社との雇用契約が必要です。

雇用契約は外国人に日本と同等以上の給料を支払うことが必要です。

そのために会社は十分な給料を支払える財務状態であることを証明するために入管に財務諸表などを提出します。

無料診断受付中