トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年9月19日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年9月19日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

法務省出入国在留管理庁の佐々木聖子長官は9月9日、
都内で会見をしました。

新在留資格「特定技能」については「若干、様子見という印象」
としながら、「関心を持っている人は非常に多く、広がりを持っ
ていると感じる」と述べました。

佐々木長官によると、特定技能で働く外国人労働者を企業に紹介
するなどして支援する「登録支援機関」は、8月末までに1986件
が登録された。

過去に技能実習で日本に滞在した人を含め、新たな制度で日本に来る
ことを許可されたのは119人、すでに日本にいて在留資格変更が
許可されたのは86人だった。

また、技能実習生がそのまま新制度に移行する手続き中であるため、
特定活動の在留資格を与えられたケースが684件だった。

今のところ使いづらいというのが特定技能制度になてしまっています。

技能試験が受けられないなど、問題山積です。

1度帰国した技能実習生は特定技能ビザを利用しないのでしょうね。

技能試験がもっと普及していけば特定技能ビザも増えるかもしれませんね。

あと、支援ですよね。

登録支援機関に頼まなければいけないのか。

費用的にはペイするのか。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中