トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年3月25日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年3月25日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

特定技能ビザの制度開始まで1週間です。

4月1日からすぐに特定技能ビザの申請というのは
あまりないと思いますが、技能実習生2号を修了し
てすぐに特定技能に移行したい場合などの限られ
るでしょう。

日本語試験と技能試験に合格すれば、特定技能ビザ
の要件満たしますが、実施が4月以降ですので、
試験合格による特定技能ビザは当面先のことになり
そうです。

特定技能ビザ取得の要件としては、外国人が特定
の分野(建設など)の技能実習2号を修了してい
るか、日本語試験、特定の分野の技能試験に合格し
ている必要があります。

さらに、受け入れ機関が、特定技能の業種であること、
外国人を支援できる体制を整えていること、社会保険
に入っていること、日本人と同等以上の給与を支払う
ことなどの要件を満たす必要があります。

これらの要件をクリアして初めて1号特定技能ビザが
下りることになります。

受け入れ機関は各分野の協議会に入らなければならな
いですが、費用的にはほぼ無料か、微々たる額とのこ
とですので、費用的な負担の心配はないですが、手続
きなどの負担が増えます。

 

無料診断受付中