トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年4月1日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年4月1日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

いよいよ、本日4月1日より特定技能制度がスタートします。

建設分野に関しては、協議会ではなく、建設業関連の団体
で設立された社団法人に加入することになるようです。

4月1日から加入受付開始なのでかなり、バタバタしてますね。

外国人の採用についてのQ&Aです。

Q各企業は外国人が技能試験及び日本語試験に合格する前に当該外国人に対して内
定を出すことは可能ですか。

A技能実習2号を修了していない外国人が特定技能の在留資格を取得するには,技
能試験と日本語試験に合格することが必要です。合格と契約の先後関係については,
基本的には,技能試験及び日本語試験に合格した後に,受入れ機関との間で雇用に
関する契約が締結されることが想定されます。もっとも,雇用に関する契約を締結
した上で各試験を受けることも法律上禁止されていませんが,必要な各試験に合格
しなければ,「特定技能」の在留資格には該当しません。

要するに試験合格前に今日契約を結んでもいいということです。

ただし、試験に不合格なら在留資格(ビザ)はおりないということです。

良さそうな外国人がいたら、試験合格前に雇用契約を結んでおいて、不合格なら
契約はなしにするということができるわけです。

採用計画で不安定な部分はありますが、青田買いができる可能性があります。

今のところ、日本語学校に通う外国人の方から日本語学校に卒業すれば介護の
特定技能ビザとれますかというご相談が来ています。

介護の特定技能ビザは技能実習2号の就労が早くても2020年からなので、現在は
日本語試験と技能試験にに合格する必要があります。

あと、ベトナムの人材派遣会社から、人材の受け入れ先の打診をされています。

現状では、受け入れ先が確保できていないので保留状態です。

こうゆう人材が欲しいということがあれば、紹介できる可能性があるかもしれません。

そういうときは、お問い合わせいただければと思います。

お問い合わせフォーム
https://gaikoku.net/form/

すぐに紹介できるというものではないので、ある程度期間に余裕を持ってください。(3~6か月くらい)

無料診断受付中