トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年8月1日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年8月1日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

特定技能1号ビザが初めて下りました。

第1号は農業分野です。

以下産経ニュースより

外国人労働者の受け入れを拡大する新制度で、
出入国在留管理庁は4月26日、カンボジア国籍
で技能実習生の20代女性2人に、新たな在留
資格「特定技能1号」への資格変更を許可する
通知書を送ったと発表した。業種は農業。

新資格の第1号取得者となる。

また、特定技能1号の外国人を支援する
「登録支援機関」になることを希望する法人
や個人から19日までに計1176件の登録
申請があり、うち8件を認めた。

入管庁によると、19日までに、過去に
技能実習生として日本で働き現在は海外在住の
23人と、日本で実習中の4人から新資格取得
の申請があった。

申請が認められたのは実習中の2人。

残る申請者についても順次判断していく。

ここまで

試験組はまだ時間かかりそうですね。

技能実習組は、実習終わってから判断しなけれ
ばいけないので難しですね。

既に実習終わって母国に帰っているのであれば
希望者は結構いるはずです。

前回やった実習と同じ職種でないといけないのと、
支援という新たな負担があるので、受け入れる
日本の企業も悩ましいところでしょう。

無料診断受付中