トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年10月10日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年10月10日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

建設業の特定技能ビザのお問い合わせあったので、建設分野の独自の
要件ご紹介します。

建設分野における在留資格「特定技能」での外国人材受入れに当たっては、
受入企業は外国人に対する報酬額等を記載した「建設特定技能受入計画」
について、その内容が適当である旨の国土交通大臣の認定を受けている
必要があります。

主な審査基準は以下のとおりです。
 (1) 同一技能の日本人と同等額以上の賃金を支払うこと
 (2) 特定技能外国人に対して、月給制により報酬を安定的に支払うこと
 (3) 建設キャリアアップシステムに登録していること
 (4) 1号特定技能外国人(と外国人建設就労者との合計)の数が、常勤職員の数を超えないこと

○ 特に[1]の審査にあたっては、大都市圏その他特定の地域への集中を防止する観点から、
同一技能の日本人の標準的な報酬額とのチェックを行い、必要な場合には、是正の指導を
行うこととしています。

制度開始後初めて、以下のとおり「建設特定技能受入計画」の認定を5件行われたそうです。

    所在地  職種(試験区分) 送出し国 人数 基本給(月額)
1 静岡県  鉄筋施工     ベトナム 1人 230,000円
2 神奈川県 コンクリート圧送 ベトナム 4人 280,000円
3 東京都  内装仕上げ   ベトナム 1人 230,000円
4 千葉県  内装仕上げ   中国 1人 243,250円
5 神奈川県 コンクリート圧送 ベトナム 2人 265,500円

つまり、建設分野はあらかじめ国土交通省の認定を受けていなければならないということです。

さらに入管での審査もあるので、結構手続き大変になります。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中