トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年11月4日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年11月4日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

人材派遣のパーソルが外国人材に特化した人材紹介サービスの
子会社を新たに設立したと発表しました。

新在留資格「特定技能」のビザで働くレベルの人材を対象に、
海外現地での募集・育成から就業支援までを一貫してサポート
するそうです。

人材派遣とアイデムなどの求人広告を手掛けている会社も特定技能
に参入してきています。

これまでは技能実習の監理団体がやっていたことを民間の営利団体が
その役割を担うということですね。

一方で日本国内では、人材不足などはなく、

「人手不足」など大嘘。

日本は失業手当をもらえる失業者しか数えておらず長期失業者や新卒で
就職できなかった人は失業者として数えていない。

それらは「ひきこもり」とレッテルを張って社会から抹殺しようとして
きたが実際は単なる失業者に過ぎない。

といった批判もあります。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中