トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年12月19日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2019年12月19日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

当事務所に実際にお問合せいただいた事例です。

特定技能の技能試験はいつ行われるのか?

業種ごとに日程が様々です。とお答えしました。

問い合わせた方は飲食料品製造業とのことでした。

特定技能14業種ありますし、海外でも実施されるので一応日本国内実施の
日程だけまとめました。

介護分野

12月2、6、11~13、15、16、20~27日 東京
12月6、11、13、20、24~26日 大阪

外食分野
第5回

2020年2月13日~19日 仙台~東京など

宿泊分野
第3回

2020年1月19日 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、那覇

ビルクリーニング分野

2019年11月1日(金)~12月6日(金)指定日のみ受験

飲食料品製造業分野

2020.02.25~26日 東京都、大阪府、福岡県、愛知県、福島県、広島県

ここにない分野は国内では実施が未定です。

試験自体が少ないので、試験組からの特定技能はレアケースになっているのが現状です。

あとは、現在、建設業で技能実習をしている外国人を特定技能に移行させたいという
問い合わせがありました。

お問合せをいただいた会社は東北地方でした。

当事務所は埼玉ですので、ちょっと遠いのでその時になったらお願いしたいということでした。

東北地方では、特定技能やっている行政書士がいないらしく、特定技能の情報が充実している
当事務所にお問合せしたとのことでした。

現在の当事務所の特定技能のご依頼はまだありません。

全国でも200人くらいなので、仕方ないこです。

特定技能やっている事務所から聞いた話では、支援が大変とのことです。

思いつかなかったようなことが問題になるとのことです。

例えば、住居は用意したけど、布団はどうするのかとか、そういったことにまで気が回らない
とのことです。

住居の確保も受け入れ会社の支援として必要なものです。

できれば、家具家電付の住居をとりあえず用意してあげて、1か月後くらいに通常の部屋に
するというようなことでもいいと思います。

部屋を借りる際には保証人が必要になってきますので、外国人だけでは部屋は借りられません。

そこで、特定技能の支援として住居の確保がありますから、受け入れ会社は保証人になるなど
して住居確保を支援しなければいけません。

住居に関しては、受け入れる会社が部屋を借りてあげた方がいいと思います。

その場合も、住むのは外国人であることを大家さんに言わないとトラブルになることがありま
すので、ここも注意が必要です。

特定技能ビザは支援が大変かもしれないですね。

特定技能は政府などの政治の動向に左右されますので、当事務所としては、来年高度専門職に
移行する外国人の方などがいますので、その方たちに全力を尽くしたいと思います。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中