トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年1月13日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年1月13日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

特定技能の外食分野では技能実習がありません。

ですので、特定技能の外食分野では技能試験と日本語能力試験(N4)に受かる必要があります。

日本語能力試験は受験対策の予備校などありますが、技能試験についてはまだありませんでした。

ですが、こういった外食分野での技能試験の試験対策予備校ができています。

グローイング・アカデミー

外食業 特定技能1号 技能測定試験 受験対策講座

3万円が高いかどうかはわかりません。

日本人からしたら独学でも簡単に受かる試験ですが、外国人にしてみれば難しいのでしょう。

普通の予備校ならいいのですが、合格後にこの会社と契約している会社に入社すると9000円のキックバックがあるそうです。

9000円は安すぎだと思います。

人材紹介で紹介先の会社からお金を受け取っているので、費用を全額無料で行ってもいいと思います。

この会社は人材紹介だけみたいですが、将来的には登録支援機関の届け出もして、人材紹介から特定技能の支援まで一括して行う会社が出てくるでしょう。

そうなれば、試験対策の講座自体は無料にして、人材紹介と支援で利益をあげる会社が必ずでてきます。

技能実習のない外食分野では、試験組しかいないわけですから、試験対策から外国人にかかわることで青田買いができます。

日本政府の移行としては民間にこうゆうことをやってもらいたいと思ってこのような制度にしたのでしょう。

なので、どんどんこういった企業が出てきて淘汰されて行って、金額面、と内容が釣り合う企業が生き残り、特定技能制度が健全化されるという狙いだと思います。

ただ、悪質な業者も出てくるので、人材紹介業であれば厚生労働省の指導監督ができますし、支援についても協議会を通じて是正できるような制度になっています。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中