トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年2月17日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年2月17日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

2019年末に日本に在留している国籍別の特定技能1号外国人の数です。

ミャンマー 100人

バングラデシュ 2人

カンボジア 94人

スリランカ 5人

中国 100人

台湾 6人

インド 1人

インドネシア 189人

韓国 6人

ラオス 5人

モンゴル 2人

ネパール 18人

フィリピン 111人

タイ 79人

ベトナム 901人

イタリア 1人

チリ 1人

総数 1,621

9月末では総数219人でしたが、ここへきて 1,621人と大幅に数が増えました。

入管庁のコメントが出てくればその辺の中身もはっきりするでしょう。

半数以上がベトナムなのでやっぱりベトナムですね。

ベトナムは送り出し機関の問題で、数が鈍っていたのですが、何かあったのかもしれません。

ベトナムは現地の送り出し機関通さないと技能実習はもちろん、特定技能も送り出せないことになっています。

この送り出し機関に支払うお金が高額になってしまうということで日本側がなんとかしてくれとベトナム政府にいっていたので、ベトナムの数が増えませんでした。

この件に関しては入管庁のコメントで確認していきたいと思います。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中