トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年3月30日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年3月30日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

新型コロナウイルスに関して技能実習生は特例措置が取られることが公表されました。

(1)本国への帰国が困難な方は短期滞在(30日・就労不可)か特定活動(30日・就労可)に在留資格を変更することができます。

この場合には、帰国が困難であることについて,合理的理由があることを確認できるものが必要になります。

(2)技能検定等の受検ができないために次段階の技能実習へ移行できない方は特定活動(4か月・就労可)に在留資格を変更することができます。

この場合には、次段階の技能実習へ移行予定であること,新型コロナウイルス感染症の影響等により技能検定等の受検ができない理由,必要な助言,指導及び支援等を行うこと等を記載したものが必要になります。

(3)「特定技能1号」への移行のための準備がまだ整っていない方についても

この場合には、新型コロナウイルス感染症の影響により在留資格「特定技能1号」への移行に時間を要することについての理由書が必要になります。

4ヶ月あれば状況が変わるかもしれませんが、30日では短すぎるかもしれませんね。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中