トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年5月28日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年5月28日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

建設特定技能受入計画の申請には国内での人材確保の取り組みが必要です。

これは外国人雇うより日本人を優先的に雇ってほしいということです。

この取り組みというのは、日本人を雇うためのどれくらい努力しているかということで、具体的にはやらなければならないことがあります。

具体的には民間の求人誌に求人を載せただけではだめで、ハローワークに求人を出さなければいけません。

建設特定技能受入計画の申請にはハローワークに出した求人票のコピーを提出しなければなりません。

この求人は建設特定技能受入計画の申請日から1年以内でなければいけません。

私が担当している進行中の案件は、民間の求人誌にしか求人をだしておらず、ハローワークには出していないということです。

とりあえず、すぐにハローワークに求人をだしてもらい要件を満たすようにしました。

ハローワークに求人出しても効果がなかったらしいので、何年もやっていなかったそうです。

建設特定技能受入計画の申請で国内での人材確保の取り組みの中にハローワークに求人だしていることが要件となっているので覚えておいた方がいいですね。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中