トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年6月25日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年6月25日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

建設分野の特定技能外国人を受け入れるには国交省の受け入れ計画の認定を受けなければならないのですが、結構細かい点を指摘されます。

ちょっと腹が立ったのが、外国人のサインがアルファベットでなければならないことです。

技能実習生からの移行なので、日本に5年以上住んでいるので、日本語は日常会話なら問題ないので、サインももちろん日本語になってしまいます。

となるとサインは必然とカタカナになってしまいます。

でも、国交省は外国人サインはアルファベットを要求してきます。

多分、内部規定があるのでしょうね。

特定技能外国人受け入れるのにこれほど日本語教育ちゃんとやれって言われてその通りに計画作って、日本語教育もちゃんとしているので、その結果、日本語でサインしたらサインはアルファベットじゃなければダメだっていうのはあまりにもおかしいです。

時間があれば国交省と戦ってもてもいのですが、時間がもったいないというのと、問い合わせにすらなかなか答えてもらえない状況なので、ほんとにヒマがないとむりでしょうね。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中