トップページ > 新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年7月2日配信

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報2020年7月2日配信

コスモス行政書士事務所の五傅木です。

特定技能ビザの最新情報をお知らせいたします。

建設分野の特定技能外国人を受け入れるには国交省の受け入れ計画の認定ついてです。

ハローワークの求人は絶対なので、あらかじめ出しておきましょう。

特定技能外国人の受け入れ予定期間も一応在留期間の最大の5年で出さなければいけません。

特定技能外国人の受け入れ計画が1年だったとしても5年です。

経験年数に応じた昇給をすることが条件です。

雇用条件書・重要事項事前説明書にも経験年数に応じた昇給をすることを書かなければなりません。

気を付けたいのが、就業規則や賃金規定に昇給の規定がない場合は昇給の規定を設けなければなりません。

あと、給与は月給制だけです。

日給や時給制というのもあるでしょうが、その場合は月給制に引き直す必要があります。

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中