トップページ > 日本に帰化するには

日本に帰化するには

日本に帰化するには、法務局で帰化申請をすることになります。

 

帰化は、日本国籍を取得することなので、戸籍上日本人になります。

 

当然、在留期間も更新もありません。

 

帰化には普通帰化、簡易帰化、大帰化の3つがあります。

 

 

1.普通帰化

(1)居住要件

引き続き日本に5年以上住所を有することが必要です。引き続きですので、一時的に海外に行っていた場合は、カウントがリセットされることがあります。

(2)能力要件

20歳以上であることが必要です。ただし、未成年の子が両親と一緒に帰化する場合には帰化することができます。

(3)素行要件

人柄が真面目かどうかということです。税金、社会保険をきちんと払っているか、前科ないかどうかです。

(4)生計要件

日本で生活していくのに十分な収入があるのかどうかということです。これは個人の年収だけではなく世帯収入で生計するに十分な収入があるかどうかを判断します。

(5)喪失要件

母国の国籍を喪失できるかどうかです。二重国籍は認められていませんので、日本の国籍を取得したら母国の国籍を喪失できることが日本に帰化する条件です。

(6)思想要件

日本を破滅させるような思想を持っているのはダメということです。テロリストなどが当てはまります。

(7)日本語能力要件

日本語能力3級くらいの日本語能力が必要になります。面接で日本語がちゃんと話せること、場合によっては筆記試験もあります。

 

 

2.簡易帰化

(1)日本国民であった者の子で引き続き3年以上日本に住所を有する人

(2)日本で生まれた者で引き続き3年以上日本に住所を有し、またはその父か母が日本で生まれた人

(3)引き続き10年以上日本に居所を有する人

(4)日本国民の配偶者たる外国人で引き続き3年以上日本に住所・居所を有し、かつ、現に日本に住所を有する人

(5)日本国民の配偶者たる外国人で婚姻の日から3年を経過し、かt、引き続き1年以上日本に住所を有する人

(6)日本国民の子で日本に住所を有する人

(7)日本国民の養子で、引き続き1年以上日本に住所を有し、かつ、縁組時未成年であった人

(8)日本の国籍を失った人で日本に住所を有する人

(9)日本で生まれ、かつ、出生時から国籍を有しない人で、引き続き3年以上日本に住所を有する人

以上の場合に当てはまる場合は居住要件などが緩和されます。

 

3.大帰化

日本に特別に功労実績がある外国人に対して許可されます。今まで許可が下りた実績はありません。

 

 

 

 

無料診断受付中

サービスメニュー

サービスメニュー