トップページ > 外国人を雇うにはどうすればいいでしょうか

外国人を雇うにはどうすればいいでしょうか

外国人を雇うには、日本で就労できる在留資格があることが必要です。

 

就労制限のない日本人の配偶者等、永住、定住ビザを持っている外国人なら日本人と同じようにどんな仕事でも雇うことは可能です。

 

就労制限のある技術・人文知識・国際業務や技能の在留資格の場合は関連する仕事しかできません。

 

例えば、同じ技術・人文知識・国際業務の在留資格でも電子工学などの技術系の仕事から翻訳などの国際業務はできません。

 

技術系の仕事でしたら、技術系の仕事でしか雇うことはできません。

 

外国人が転職して雇うときは「就労資格証明書」の申請をして事前に申請をしておきましょう。

 

これをしておかないとその外国人が次回の在留資格の更新時に前回と勤めている会社が違うということで、在留資格の更新ができないことがあります。

 

 

 

 

 

無料診断受付中

サービスメニュー

サービスメニュー