トップページ > どうなる日本の外国人

どうなる日本の外国人

特定技能という新しい在留資格が認められ日本の入管行政はどうなっていくのでしょうか。

特定技能は、いままで単純労働を目的としたビザは日本では認められていませんでした。

日本人の配偶者等や永住権がある人は就労制限はありませんので、単純労働は可能です。

技能実習は、実際は単純労働ですが、目的は日本の技能を学ぶというのが目的でした。

その外国人実習生の労働力が重要になってきたので、特定技能という新たに技能実習を延長するようなビザを認めたと思われます。

今後の入管行政の予想

特定技能1号の実施

問題発生

特定技能1号の引き締め。見直し

特定技能2号の延期・要件の厳格化

 

 

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

無料診断受付中

サービスメニュー

サービスメニュー