トップページ > オーバーステイ

オーバーステイ

オーバーステイとは

オーバーステイとは、在留期間満了後も日本にとどまっている人のことを指し、不法入国と不法滞在の2つのケースがあります。

不法入国とは・・・

入国の際に違法があった場合です。偽造パスポートや、姓名、年齢、国籍等を偽って入国した人、入国審査を受けずに入国した人などが該当します。

不法滞在とは・・・

在留期間満了後も日本にとどまっている人のことです。

どちらに該当する場合でも、オーバーステイは退去強制事由とされており、逮捕され、起訴されることがあります。

入管法では、退去強制により本国へ強制送還された外国人は、日本への5年間の再上陸禁止をペナルティとして課せられています。つまり、退去強制(=強制送還)により、本国へ帰国したあと、最低でも5年間は、日本に入国することができないということです。 ※ この再上陸禁止期間について、「日本人と結婚したら期間が短縮される」など、様々な噂が流れているようですが、そのようなことはありません。5年の再上陸禁止期間が経過したからといって、すぐに次のビザが降りる保証はありません。過去の不法入国ないしは不法滞在の経歴は、入管の記録に残っているで、ビザ取得は大変厳しくなります。

自主出頭による帰国・・・

オーバーステイの人が帰国を望む場合、入国管理局に事前に出頭しなければなりません。自主出頭による帰国の場合には、「退去強制処分」となり、起訴されず、自分で帰国できます。

無料診断受付中