トップページ > 日本人と離婚後のビザ

日本人と離婚後のビザ

日本人と離婚後のビザについて

日本人と結婚をして日本人の配偶者等のビザを持っていて、離婚した場合には、6か月以内に他のビザに変更するか母国に帰国しなけれななりません。

 

日本人と離婚した場合は2週間以内に入国管理局へ行き、離婚した旨の届け出をしなければなりません。

とりあえず、この届出をしっかりと期間内にやるようにしましょう。

 

母国に帰国する場合は日本のビザは問題になりませんが、日本人と離婚後も日本に住み続けたい場合は、何らかのビザを取得する必要があります。

 

離婚してから6か月以内に別の日本人と結婚すれば再び日本人の配偶者等のビザが取得できます。

日本の永住権を持つ外国人と結婚しても日本人の配偶者等のビザが取得できます。

その他就労ビザを持っている外国人と結婚すれば家族滞在ビザで日本に在留することができます。

 

さすがに、6か月以内に別の人と結婚するのは難しいでしょうから、離婚した本人が就労系のビザを取得できることも考えられます。

例えば、大学を卒業していて、卒業した学科と関連する仕事につく場合は、技術・人文知識・国際業務ビザを取得できます。

また、500万円以上出資して会社を作って会社を経営すれば経営管理ビザを取得できる可能性もあります。

 

でも、なかなか、上記のようなビザを取得するのは難しいと思います。

そこで、離婚した相手との間に子供がいる、結婚期間が3年以上ある、などの要件を満たすことにより、定住者ビザを取得できる可能性があります。

定住者ビザは在留期間はあるので、更新等の手続きは必要ですが、就労制限はないので日本人と同じようにどんな仕事につくこともできます。

 

日本人と離婚後に定住者ビザへ変更するためのチェックポイント

①離婚した相手との間に子供がいるか?

離婚した相手との間に子供がいて、外国人の配偶者がその子供の親権を取得し、現に養育している場合は、日本人の配偶者等ビザでの在留期間は問われず、定住者ビザを取得できる可能性が高いです。

 

②日本人の配偶者等ビザで3年以上の在留実績があるか?

離婚した相手との間に子供がいなかったり、現に養育していないときは、日本人の配偶者等ビザで3年以上の在留実績があれば定住者ビザを取得できる可能性が高いです。

 

②日本人と離婚した後の生活を説明できるか?

離婚した後どうやって生活するかを説明できなければ定住者ビザを取得することは難しいでしょう。どんな仕事をして、どのくらいの家賃の住居に住むのかを説明する必要があります。 水商売などの不安定な職業やパートアルバイトなど賃金が低い仕事につく場合はそれだけで生活できることを証明する必要があります。

 

日本人と離婚後に定住者ビザへ変更するためのチェックポイントまとめ

以下に日本人と離婚後に定住者ビザへ変更するためのチェックポイントを表にまとめました。

とにかく子供の親権と養育しているか、日本人の配偶者等ビザで3年以上の在留実績があるかの「はい」・「いいえ」で答えていただき、どちらかに「はい」があれば定住者ビザを取得できる可能性があります。

 

子供の親権があり養育しているか?(子供がいない場合はいいえ選択) 「はい」 「いいえ」 
日本人の配偶者等ビザで3年以上の在留実績があるか? 「はい」 「いいえ」

 

無料相談ご予約フォーム

※必ず日本語で入力してください。

※印は必須ですので必ず入力してください。


お申し込み内容

無料相談


当事務所のサービス内容や価格・手続きの流れ・許可の可能性についてご説明します。


有料相談


申請書類のチェックや訂正、必要書類、不安な点について指導がほしい時。

相談希望時間
■第一希望日

第一希望時間 

(例:1月1日10時00分)

相談希望時間
■第二希望日

第二希望時間 

(例:1月5日14時00分)

相談希望場所 コスモス行政書士事務所電話相談 ※地方に居住している方(全国)
お名前
フリガナ
性別 男性女性
ご住所
電話番号(携帯電話)
メールアドレス
現在の職業

会社員会社役員自営業派遣社員

アルバイト主婦学生無職

ご相談内容

無料診断受付中