トップページ > 特定技能ビザで外国人を呼び寄せる流れ

特定技能ビザで外国人を呼び寄せる流れ

1号特定技能ビザで外国人を呼び寄せる流れ

1.外国人との雇用契約

    ↓
2.入国前のガイダンスの実施(現地母国語にて)

    ↓
3.在留資格認定証明書の交付(入管にて)

    ↓
4.在留資格認定証明書を外国人に送付(EMSなどで郵送)

    ↓
5.外国人が現地の日本大使館にて査証取得

    ↓
6.外国人の来日(受け入れ企業は出迎えしたほうがいい)

    ↓
7.外国人が日本の会社にて就労開始

    ↓
8.受け入れ企業は各分野の協議会に加入しなければなりません。
  また、外国人に対しては、社会保険の加入と支援を実施しなければなりません。

 

1号特定技能ビザ外国人の支援の内容は以下の通りです。

・外国人への入国前ガイダンス(現地母国語にて)

・入国時の空港などへの出迎え及び帰国時の空港への見送り

・保証人となることその他外国人の住宅確保の支援

・外国人に対する在留中の生活オリエンテーション

・生活のための日本語習得支援

・外国人からの相談・苦情への対応

・外国人がしなければならない各種行政手続きについての情報提供

・外国人と日本人との交流の促進にかかる支援

・外国人の非自発的離職に伴う再就職支援

 

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中