トップページ > 造船、船用業分野で特定技能2号ビザを取得するには

造船、船用業分野で特定技能2号ビザを取得するには

造船、船用業分野の特定技能2号ビザについて

造船、船用業分野2号特定技能外国人の在留期間

造船、船用業分野2号特定技能外国人の在留期間は3年,1年又は6か月ごとの更新となります。

造船、船用業分野2号特定技能外国人の家族の帯同

要件を満たせば可能(配偶者,子)

造船、船用業分野2号特定技能外国人の支援

受入れ機関又は登録支援機関による支援はありません。

造船・舶用工業分野2号特定技能外国人の技能水準

造船・舶用工業分野2号特定技能の技能水準(試験区分及び実務経験)

試験区分

「造船・舶用工業分野特定技能2号試験(仮称)(溶接)」

実務経験

複数の作業員を指揮・命令・管理する監督者としての実務経験を要件とする。

 

造船・舶用工業分野2号特定技能外国人が従事する業務

溶接(手溶接、半自動溶接)

 

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報

新外国人ビザ・在留資格「特定技能」の最新情報をメールマガジンでお届けいたします。

以下のフォームにメールアドレスを入力し購読をクリックしてください。

メールマガジンをやめる場合もこのフォームからいつでも解約できます。

メールアドレス

 

ご相談は下記にお電話いただくか、無料相談お申込みフォームからご連絡ください。

無料診断受付中